お問い合わせ

guide to Basque

訪れたいバスクの村々

一度は訪れてみたい、バスク地方の美しい村・街

バスク地方に行ってみたい―そんな皆さんが口を揃えておっしゃるのが、「バスク地方に関する情報が少ない」ということです。確かにどのガイドブックにも数ページしか載っていないのが現状。でも、最近注目されているサンセバスチャンやビルバオ、ビアリッツ以外にも、独自の美しい村や街がたくさん存在します。

せっかくバスクまで来るのであれば、「2泊でおしまい。」なんて、もったいない。是非、時間をかけて様々な村や街に足を運んでみてください。

ここでは、各街の観光情報だけでなく、アクセス方法やお勧めレストランを紹介しています。是非旅のご参考になさってください。

ザビエル城(Castillo de Javier)

日本の最初の宣教師、フランシスコ・ザビエル(Francisco Xabier)が生れたのが、このハビエル城(ザビエル城)です。現在は、フランシスコ・ザビエルの生涯を綴る博物館になっています。このハビエ…

オリテ(Olite)

ナバラ州の観光で、必ず訪れていただきたいのが、オリテ。オリテはナバラ州の州都、パンプローナから南に40km程走ったところにあります。元々はローマ軍の居住地として選べれ、中世の時代にはナバラ王国の王家に…

サンティジャーナ・デル・マール(Santillana del Mar)

バスク地方のお隣、サンタンデールが州都の、カンタブリア州で必ず訪れたいのが人口4000人のこの小さな村。カンタブリア海から直線で5kmほど内陸に位置するこの村は、スペインの中でも最も歴史的価値がある場…

ベルメオ(Bermeo)

ベルメオ。バスクの海岸に面する、ビスカイヤ県に属する人口1万6000人ほどの町ですが、非常に歴史的に重要な役割を果たしてきた町でもあります。近年爆発的な人気を博している、海の上に浮かぶ教会「サンファン…

オルディシア(Ordizia)

サンセバスチャンから南に内陸をすすむと、人口1万人ほどが暮らすオルディシア村に到着します。オルディシアと言えば、毎週水曜日に開催される市場は、ここ美食家が多く存在するバスクにでも非常に有名で、その規模…

パンプローナ(Pamplona)

スペイン語でパンプローナ(Pamplona)、またはバスク語でイルーニャ(Iruña)は、人口約19万人の、ナバラ州の州都です。パンプローナと言えば、毎年7月6日~14日にかけて開催される、サン・フェ…

サン・ジャン・ド・リュズ(St Jean de Luz)

フランスバスクの南にある、港町St Jean de Luz。別名、バスク語でDonibane Lohizune。人口わずか1万3000人の小さなこの町、スペインの国境からはわずか15km。サンセバスチ…

イッツアスー(Itxassou)

静かな山バスクのさくらんぼの村 – Itxassou フランバスクの山々の谷間にある村、イッツアスー。赤ピーマンで有名なエスペレットのお隣にあるこの村は、さくらんぼの生産で有名です。なぜ、この村でさく…

ガステルガチェ(Gaztelugatxe)

海の上に浮かぶ教会 – San Juan de Gaztelugatxeビルバオがあるビスカイヤ地方の、古くからの港町、Bermeo(ベルメオ)から、海岸線上を西に15kmほど行くと、海の上にぽかんと…

バイヨンヌ(Bayonne)

フランスチョコレートの発祥の地、バイヨンヌ(Bayonne) フランスバスクの古くから、人とモノが行き交う街、バイヨンヌ。 バイヨンヌ、何度訪れても、また訪れたくなってしまうその魅力ある街並み。バイヨ…